HOME > 翔和学園の特別支援教育 > (2)教育カリキュラム
教育カリキュラム
翔和学園の特別支援
すべての授業が「社会性」というキーワードに集約

翔和学園では「職業」「生活」「余暇」の3つを社会生活を送る上での大切な柱であると考えます。これらをバランスよく学ぶことにより、「何とか生きていく」のではなく、「より幸せに生きていく」ことをめざします。
そして、「職業」「生活」「余暇」のいずれにおいても「対人関係」を最優先し、様々な療育プログラムを授業化したトレーニングを行っています。

社会生活を送る上での3つの大切な柱


小中学部の重点課題
(1)友情
(2)かしこさ

学習支援を中心に行います。
また、仲間と仲良くする力も身につけます。
具体的な学習場面の中でソーシャルスキルも身につけていきます。


高等部の重点課題
(1)読み書き計算を中心とした教科学習
(2)学習内容の実生活への応用

的を絞った教科学習を効率よく行います。
学んだことを実生活に活かせるように、教科学習と行事をバランスよく行います。


大学部の重点課題
(1)新しい学習回路を鍛えることによる能力向上
(2)イベントの企画・運営

社会で自立して生きていける実践的な力を身につけます。
その中心は、「生きていく気力」を育てていくことです。
就労支援はもちろん行いますが、それとともに充実した青春時代を過ごすことを大切にしています。


発達の凹凸に応じた支援

苦手な部分に対する支援だけではなく、本人が得意なことを伸ばせるような支援を重視しています。
各学部の時間割の中には、そのための時間も組み込まれています。


全学部共通カリキュラム
日課腹式呼吸・発声練習・音読・歌・漢字練習 など
視知覚トレーニング眼球運動・ピント調節・バランス感覚 など
コーディネーショントレーニング手足の協応・バランス感覚・空間感覚 など
聴覚トレーニング聴写・数唱・速音聴 など