ブログ記事の一覧

翔和のオンラインバレンタイン!〜男女関係なく楽しめる行事

「明日はバレンタインだね!チョコもらえなくても、翌日の15日に、バレンタインの特別行事があるから淋しくないよ!」と私が言うと…みんな苦笑い。
「女の子からチョコなんて、もらったことないよ…」

そんな思いがあるのでしょう…。

翔和学園では毎年、教員と希望した女子学生たちでチョコを手作りし、男子学生に配る行事をしてきました。

たいていの男子は、生まれて初めて家族以外の女子からチョコを手渡されて、天にも昇る喜びっぷりだったそうです。

しかしながら、「女子だけ働いたりチョコを渡したりするのはおかしくないか?」という疑問と、コロナ禍でのオンラインと言う状況も鑑み、
今年は「男女関係なく楽しめるバレンタイン行事」を企画しました

チョコや、甘いものに限らずなにかおやつを用意して、わいわいクイズやゲーム、授業を楽しみ、男女関係なく親睦を深める、そんな行事にしようじゃないか、というコンセプトです。

2月15日(月)。昼休み後、いつものヲタクタイムが終わったら、間髪入れずにH先生のバレンタインに関する授業がスタート。

バレンタイン1

「バレンタインと聞いて思いついたことを3つ挙げなさい(チャットに書きなさい)」
これを読んでいるみなさんは、何を思いつきましたか?

Zoomの画面上では、生徒達がチャットに続々と書き込んでいきます。
「チョコ」「記念日」「恋にまつわる戦争」「ゲームで必ずいいアイテムがもらえる日」「苦い思い出」(せつない…!)
さすが翔和!発想がおもしろい!

その後授業は、日本初のチョコレート広告の話から、社会問題として話題となっている、環境型ハラスメントについて知識を深めました。

そして、ハラスメントなどせずに、翔和のバレンタインは全員で楽しみましょう!と今日の趣意が説明され、バレンタインの特別行事がスタートしました。

つぎはbクラス学生有志による「クイズ大会」。
バレンタインにちなんだクイズが出されます。

「もっとも弱いチョコってどんなチョコ?」

正解はヘナチョコ~!でした^^

次の問題。
2月14日は、フィンランドでは「○○の日」とされています。○○は何?
①努力 ②正義 ③友達 ④青春

正解は③でした~。などなど。どうです?簡単だったかな?

クイズ大会のあとは、お楽しみ、バレンタインアクティビティです。バレンタイン習字をして、思いのたけを書いてみたり、以心伝心ゲームをオンラインで楽しんだりしました。

そして、最後はみんなどんなチョコを見せ合い、チョコで乾杯!!!

バレンタイン3

バレンタイン4

雑談をして、のんびりまったり、楽しく過ごしました。
たまにはこんな活動もいいですね~。

学園長記事
宮尾先生記事

長野翔和学園

長野翔和学園

翔和学園 (東京) SNS

長野翔和学園

PAGE TOP