ブログ記事の一覧

不登校の学生を迎える

ここ数か月、長期にわたりお休みをしている学生がいます。

日々の電話に加え、教員も学生も様々なタイミングで声掛けをしてきました。

合宿や運動会の練習、アフター5…

これなら参加できるのではないかと電話で話し、メールをし、親御さんとも相談します。

「明日は行けそうな気がする」

「明日は必ず行く」

そういうことは何回もありました。

合宿の時には、荷物を現地に郵送してくれましたが・・・やはり参加できませんでした。

翔和学園では「一人のもれもなく」という言葉を大切にしています。

今年度も半分以上が過ぎました。

年度末へ向かっていく中、文化祭、研修旅行、成人式、そして卒業式…

学生自身で決め、実施する、主体性を大事にするプロジェクトベースの活動をする中で、

「参加できない学生がいること」

この事実を皆で共有し向き合い、どうしていくべきかを話し合っていきます。

何度も「行けそうな気持ち」になる不登校の仲間の背中を押したい。

そんな学生もいます。

かつては自分たちも不登校であった先輩や仲間が、学校にこられない学生の家に遊びに行きました。楽しい時を過ごしました。「明日から学校で会おうね」と声を掛けます。

「明日は必ず行く」という言葉を引き出せました。

…それでも、やっぱり来られない日が続きます。

そこで今朝は、有志が自宅まで迎えに行きました。

早朝の「アフター5」企画です。

朝が苦手な学生もクラスメイトの為に来てくれました。

先輩たちや仲間も誰かの為に行動することが、相手だけでなく、自分の喜びになる、

そんなことも学んでもらいたい。

先輩・仲間たちの訪問で、

数か月ぶりに学校に来ました。

ここからが勝負です。

折角来てくれた学生に、絶対に「来てよかった」という経験をさせられなければ、二度と登校してもらえません。

学生たちに問いかけます。

今日はどんなことをしたら、いいだろう?

「ディズニーランド」、「映画」、「動物園」・・・

楽しいことは数あれど、時間や費用などの問題もあります。

様々な意見があるなか、一人の女学生が提案しました。

「都庁の展望台は?」

「それがいい!」、拍手が起きました。

というわけで、今日はプログラムを変更し、

都庁の展望台に歩いて出かけることになりました。

帰りのホームルームでは、今日一の楽しい姿をスライドショーで振り返り、

皆で歌を歌います。

今日は学校に来て、「良かった」。そう思ってもらえたようです。

ひとまず今日の勝負は「勝利」です。

ただ、来週から学校に通えるかどうか。

まだまだ、これから勝負の日々が続きます。

学園長記事
宮尾先生記事

長野翔和学園

長野翔和学園

翔和学園 (東京) SNS

長野翔和学園

PAGE TOP