ブログ記事の一覧

青春を謳歌することで得られるもの 〜自己肯定力〜

「自分が聖人君子でないことを、いい加減認めようというのが、僕の誓いです。」

大学部卒業を間近に控えた3年生のA君が書いた、日記の1フレーズです。

——A君の日記全文——

「誓い」
   
卒業が近づいています。

翔和学園に入り、僕はキラキラと輝くような経験を沢山しました。

多くのことを学びました。

正しくあろうとすること。

人とのつながり。

生きるということ。

そして自分自身を知りました。

三年間やってきて、少しはマシな人間になれたとは思いますが、日々、自分の足りなさを痛感しています。その度に、苦しい思いも痛い思いもするのです。

僕にとって一番難しいことはというと、自分自身として生きることなのです。

いつも自分を殺し、隠して表面だけ飾る僕は、やはり周りの人にとって受け入れられないものではないのか。そんな風にも思いますが、翔和で出会った人たちは、それでも僕に笑顔を向けるのです。僕はその思いに応えられてはいません。

僕はもらったものを人に返せる人間になりたいのです。

そして学んだ正しさを、貫ける人間になりたいのです。

そのためになにが必要なのか、僕の思うところは、自分自身を許すことだと考えています。

自分を縛りつけて、常に自分の自由を制限し感情までも否定するその様は、自分への虐待だと言えるでしょう。

誰しも完全ではないし、僕は足りないところが沢山ありますが、自分を許すだけで可能性は広がると考えています。

自分を許すことの中には、上手くできないことを受け入れるという意味もあります。

自分が聖人君子でないことを、いい加減認めようというのが、僕の誓いです。

学園長記事
宮尾先生記事

長野翔和学園

長野翔和学園

翔和学園 (東京) SNS

長野翔和学園

PAGE TOP